公認会計士試験

あまり知られていない公認会計士を目指す人の特徴を知っておいてください

    

公認会計士を目指す人にはどんな人がいるのでしょうか。目指す人の特徴や目的などを紹介していきたいと思います。

■年齢層は20代が圧倒的に多い!
公認会計士は、社会人になってから目指すというよりも、学生のうちからしっかりと勉強時間を確保して、目指すという人の方が多いので、20代前半の受験者が圧倒的に多くなっています。というよりも、必要な知識の量がとにかく多いということからも、学生のうちから勉強しないと、働きながらではとてもではないけれど、追いつけないというのが現状です。

一度仕事を辞めて試験勉強に専念するくらいでないと社会人の資格取得は難しいでしょう。

■高年収に惹かれて目指す人
公認会計士の職業の特徴の一つとして、高収入が稼げるということがあります。年収1000万以上も夢ではない世界なので、高収入に惹かれて目指す人も少なくありません。資格取得は難しいですが、働き始めたら、安定した生活を期待することができます。

■重要な仕事に就きたい人
自分にしかできない重要な仕事をしたいという気持ちが強い人も公認会計士の仕事に惹かれるようです。日本経済を支えているとても大切な仕事ですから、やりがいをもって仕事をしたいという人にはぴったりなのかもしれませんね。

■数字や計算が好きな人
公認会計士の仕事は一日中数字や計算をすることもありますから、数字に強かったり、計算が好きという人にはまさに転職といえるでしょう。

■当てはまっていたら目指してみる価値はあるかも?
どんな人が公認会計士を目指しているか知り、自分も当てはまっていたら、目指してみてはいかがでしょうか。公認会計士は、資格取得をするのがとても難しい職業ですが、資格を持っていればメリットはたくさんありますから、おすすめですよ。